2020年03月17日

【初心者用】NativeCampのレッスンはこんな感じ

前回書いた
【初心者用】NativeCampのレッスン申し込みまでの流れはこんな感じで申し込みまでの流れを書いたので、
今回はレッスンの流れや内容を書いていきます。


(注)初心者用なので教材中心となります。


①レッスン開始
レッスンを申し込み、確定し通信がつながると
レッスンが始まります。
つながるまでに3~5秒ほどかかりますが、
結構いきなり始まるので最初に覚悟しておきましょう。


②挨拶
人によって違いますが、”Hi”や”Hello”というのが
だいたいの講師の方の第一声です。
中には挨拶の後に”How are you?”と聞いてくる講師の方がいますが、
”I'm fine.”や”I'm good.”と返答しておきましょう。
もっといろいろな表現があるとは思うのですが、初心者には
無難かなと。


③レッスン開始
挨拶が終わると、いきなりレッスンが始まります。
レッスン内容は事前に選んだ教材です。

④レッスンの流れ
おおまかに言うと4つの章に分かれており、
1章ごとに3つの練習問題があります。


1章ごとにファーストチャレンジ、セカンドチャレンジ、
サードチャレンジと分かれており、
まず講師の方が教材の講師が生徒に質問を応答する形の文章を読み、
それを声に出してリピート。
これがファーストチャレンジです。


次に自分が生徒役に教材のテキスト通りに質問し、講師の方が答える
というロールプレイをします。
これがセカンドチャレンジ。


最後に先ほど読んだテキストが一部の文が抜けているものを
抜けている部分を思い出しながらロールプレイ。
最初は自分が生徒役、次に講師役になってやります。
これがサードチャレンジです。


これで1章が終了。


上記の事をを別のテキストであと3回繰り返します。


以上の事が終わると、練習として今まで出たテキストから
これまで学んだ応答文からいくつか抜粋されたものの中から、
また一部の文が抜けているものを抜けている部分を思い出しながらロールプレイ。


最後に講師の方から今回のレッスンで新出単語やフレーズを3つ、
もしくは講師の方がレッスンの中に発音の気になった3つの単語の発音。
どちらかを講師の方が読み上げ自分がリピートするという復習作業があります。
初心者用なのでたいていの場合は発音の方になると思います。


以上でレッスンは終了です。


⑤”Do you have any question?”
たいていの場合、レッスンを一通りこなすと
3~4分程度時間が余ります。
これはNativeCampの講師側の指導要領の教えだと思うのですが、
時間が余った場合はほぼ”Do you have any question?”と言われます。
無い場合は”No”もしくは”Nothing particular”とでも答えればいいとは
思いますが、こういう場合は何か質問を用意していた方が絶対に良いです。
まあ、この話は別の機会に書きます。


⑥時間が来て終了
以上の事を終えるとだいたいレッスン時間である
25分が終了します。
最後にきちんとレッスンのお礼を言って終わりましょう。


以上がNativeCampの初心者用のレッスンの流れです。


まだ自分も初心者なのでわかりませんが、
中級になればレッスン流れも変わるかもしれません。


その時はまた中級用として書こうと思います。
posted by わっさん at 12:00| Comment(0) | NativeCamp奮戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください