2020年03月19日

【初心者用】私のオンライン英会話の学習法

今回はNativeCampのレッスンを数回受け、
自分の取り組み方に対する反省点や改善点が
浮かび上がってきたので、それを書いていこうと思います。



予習をきちんとやる



当然と思う人もいるかもしれませんが、これは重要です。


なぜ、予習しなければならないかというと、
オンライン英会話本番のレッスンでパニックになる要素を減らすためです。


ただでさえレッスン本番で、見知らぬ外国人相手に
英語でレッスンを受けるとなると何もなくても焦ります。
オンライン英会話初心者ならなおさらです。
焦りは慣れれば少しはマシになるかとは思いますが、さすがに初心者だと無理です。


焦っている状態でレッスンを受けると視野が狭くなり、
レッスン中の記憶も曖昧になりがちです。
この状態でも得るものは多いと思いますが、
無為無策で行き当たりばったりでレッスンを受けるよりも、
予習をすればレッスンの流れが把握でき不安要素が大きく減り、
同じレッスンでもさらに得るものが多くなります。


私が会員になっているNativeCampでは、会員になるとレッスンで
使う教材が見れるもの(一部上級向けは除く)があります。
なのでレッスンの前日に教材を選び3回ほど音読し、
当日に2回ほど音読してからレッスンに臨むようにしています。

”Do you have any qestion?”に対する質問を用意する



レッスンを受け、終盤になると必ず聞かれる言葉です。
これはおそらく、どのオンライン英会話のレッスンでも
聞かれる言葉だと思います。


自分は生まれて初めてのオンライン英会話のレッスンで、
この質問を最後にされ固まってしまいました。
上手く進んでいたレッスンで最後にこの質問をされて
答えられないと、レッスンの残り数分が何とも気まずい空気になります。


これを避けるために次のレッスンからは、質問に対する答えを用意することにしました。

復習もする



予習をやったのであれば復習もやりましょう。
とはいえ、予習ほどしっかりやる必要はありません。
ほどよく脳に定着させるために軽くで十分です。

今日のレッスンの振り返りをする



復習も重要ですが、それよりも重要だと思っているのが
今日のレッスンの振り返りです。


そのレッスンで上手くいかなかったのなら、
同じ教材でもう一回予習をして別の講師の方でもいいので
レッスンを受けなおしましょう。


ここでいったん立ち止まって考えたうえで
次に進むのか、またやり直すのかの判断しましょう。


また、初心者はレッスンをしてもレッスン中に言いたいことを言えないことが
ほとんどです。


その時に言えなかったこと、言いたかったことを思い出してみましょう。
そして言いたかったことを日本語で検索して英語表現を調べておきましょう。


言いたいことを言葉にできないというのは
何とももどかしい物ですが、
このもどかしい気持ちで調べたものがヴォキャブラリーになります。


これをストックして、次回以降(すぐに使えなくてもいいので)
使えるように努力しましょう。



以上が現時点で得た経験を踏まえ、
改善したオンライン英会話学習法です。


まだ自分は初心者なので上記の事は
今後アップデートするかもしれません。


その時が来たら、また書こうと思います。
posted by わっさん at 00:07| Comment(0) | NativeCamp奮戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください