2020年05月20日

【NativeCamp】(結果編)スモールトーク多めのレッスンを受けてみた

「都道府県教材」の自分の住んでいる県で3回ほど
同じ手法で手変え品を変えやってみました。



結果、飽きました。
何度も教材を繰り返すことに飽きました。




しかも、私はスモールトーク多めだろうと思い、この教材を選んだわけですが
この教材はテキスト量が多めなので講師の方は教材重視で進める傾向が
あるなと思いました。




ちょっと、自分の英語の力量不足もありますが話を膨らまそうとして
テキストに外れる事を言うと何か変な空気になる(もちろん教材内での話です)。
そして講師の方はテキストベースに戻そうとする。




次の段階に行きたいのに、これじゃ前の段階と変わらないなと
思ってしまったことも飽き誘発した原因だと思います。




なんやかんで一番始めにレッスンを受けた講師の方
一番自分のやりたいことやらせてくれた気がします。



おそらく、このレッスンで自分のやりたいことをやろうとすると人による。
テキスト重視の方と話を聞いてくれる方とで大きな差が出てしまうなと。



私は今、講師の方を厳選している段階なのですがいまの段階でこれをやるのは
受けた時間に対してリターンの少ないギャンブルだなと思いました。



人には適材適所というのもあるわけでこの教材でギャンブルをするのは
講師の方も自分もどちらも特にならないなと思い、
この教材でのレッスンは終わりにすることにしました。



まあ、次の当てがみつかったというのも大きいのですが
それはまた別の話。
posted by わっさん at 12:00| Comment(0) | NativeCamp奮戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください